公益財団法人
日本少年野球連盟 大阪阪南支部所属

大阪深江ボーイズ

投稿詳細

進路相談 2019年12月18日

進路相談について

・中1年生の10月ごろにフロント・選手・保護者での三者相談を実施。
・中2年生生に10月ごろにフロント・指導者(監督)選手・保護者間んでの進路相談を実施。
・中2年生の3月ごろに学校成績を確認し、フロント・指導者(監督)選手・保護者間んでの進路相談を実施。
・中3年生の4月から随時、フロント・指導者(監督)選手・保護者間での進路相談を実施。

☆チームから、高校を押し付ける様な事は致しません。あくまでも選手・保護者間で決めて頂きます。

☆ただ、10代の子供に決断は難しい事です。保護者と子供との間で、しっかりと、お話し頂いたことにアドバイスをさせていただきます。(子供の意見もしっかりと聞いて頂きたい)

【進学のための準備として】

1)中学校生活を正しく行う。
(1年生の時から、無遅刻・無欠席・提出物は必ず提出・暴力・いじめや授業態度が悪い等の無いように)

2)通知表では平均の3以上(5段階評価・2・1は進路の敵です)副教科も大切となってくる。
(副教科・技術、美術の提出物、野球選手であるのに体育の成績が悪い、欠席、授業妨害等)

3)実力テストでは250点以上(中間・期末で良くても、実力では100点は、下がると言われています)

4)学校生活での必要品・野球道具を大切に!

5)全てにおいて感謝できる心を持つこと。

6)自己管理の徹底(体調管理・野球ノートを付ける)